治療実績



年齢別ART治療成績(2004年1月~2016年12月までに採卵)2018年1月31日集計

ART手技 29歳以下の患者様の治療成績 30~34歳の患者様の治療成績
採卵周期数 平均採卵数 胚移植周期数 対採卵妊娠率 採卵周期数 平均採卵数 胚移植周期数 対採卵妊娠率
IVF* 80 14.9 78 69.2 % 416 11.8 406 59.4 %
ICSI* 93 11.9 89 65.2 % 552 10.4 89 59.3 %
IVF/ICSI(split)* 162 15.3 160 84.4 % 695 14.1 683 73.8 %
TESE-ICSI* 26 14.7 25 60.0 % 78 13.3 75 60.0 %
凍結未受精卵子ICSI** 1(治療周期数) 6(平均ICSI数) 1 100 % - - - -
卵子凍結** 8 5 - - 1 1 - -
卵子回収無 4 - - - 34 - - -
総 計 374 13.9 354 74.3 % 1776 12.1 1690 65.2 %
ART手技 35~39歳の患者様の治療成績 40歳以上の患者様の治療成績
採卵周期数 平均採卵数 胚移植周期数 対採卵妊娠率 採卵周期数 平均採卵数 胚移植周期数 対採卵妊娠率
IVF* 765 8.9 719 47.6 % 631 5.7 569 25.8 %
ICSI* 1504 7.1 1401 41.1 % 1798 4.4 1587 20.1 %
IVF/ICSI(split)* 1104 11.8 1078 66.5 % 456 8.2 444 41.4 %
TESE-ICSI* 70 9.5 66 53.0 % 26 6.6 28 21.4 %
凍結未受精卵子ICSI** - - - - - - - -
卵子凍結** 2 6 - - 3 1.3 - -
卵子回収無 123 - - - 279 - - -
総 計 3568 8.7 3265 51.1 % 3196 4.8 2629 25.0 %
ART手技 採卵
周期数
平均
採卵数
胚移植
周期数
対採卵
妊娠率
IVF* 80 14.9 78 69.2 %
ICSI* 93 11.9 89 65.2 %
IVF/ICSI(split)* 162 15.3 160 84.4 %
TESE-ICSI* 26 14.7 25 60.0 %
凍結未受精卵子ICSI** 1(治療周期数) 6(平均ICSI数) 1 100 %
卵子凍結** 8 5 - -
卵子回収無 4 - - -
総 計 374 13.9 354 74.3 %


ART手技 採卵
周期数
平均
採卵数
胚移植
周期数
対採卵
妊娠率
IVF* 416 11.8 406 59.4 %
ICSI* 552 10.4 89 59.3 %
IVF/ICSI(split)* 695 14.1 683 73.8 %
TESE-ICSI* 78 13.3 75 60.0 %
凍結未受精卵子ICSI** - - - -
卵子凍結** 1 1 - -
卵子回収無 34 - - -
総 計 1776 12.1 1690 65.2 %


ART手技 採卵
周期数
平均
採卵数
胚移植
周期数
対採卵
妊娠率
IVF* 765 8.9 719 47.6 %
ICSI* 1504 7.1 1401 41.1 %
IVF/ICSI(split)* 1104 11.8 1078 66.5 %
TESE-ICSI* 70 9.5 66 53.0 %
凍結未受精卵子ICSI** - - - -
卵子凍結** 2 6 - -
卵子回収無 123 - - -
総 計 3568 8.7 3265 51.1 %


ART手技 採卵
周期数
平均
採卵数
胚移植
周期数
対採卵
妊娠率
IVF* 631 5.7 569 25.8 %
ICSI* 1798 4.4 1587 20.1 %
IVF/ICSI(split)* 456 8.2 444 41.4 %
TESE-ICSI* 26 6.6 28 21.4 %
凍結未受精卵子ICSI** - - - -
卵子凍結** 3 1.3 - -
卵子回収無 279 - - -
総 計 3196 4.8 2629 25.0 %

*IVF;体外受精、ICSI;顕微授精(射出精子)、IVF/ICSI (split);同時に両方の方法を施行、TESE-ICSI;睾丸回収精子による顕微授精
**卵子凍結や凍結未受精卵子ICSIはがん生殖医療での妊孕性温存治療として行っています。



2017年12月までの当院妊娠成績(単位;人)2018年1月31日現在
2017年 2016年 2015年 2014年 開業(1999年)以来の総数
不妊治療希望で来院された患者様の数(新患数) 591 625 567 659 9208
妊 娠 の 結 果
検査のみで妊娠 7 6 13 11 139
排卵誘発剤治療で妊娠 69 64 81 101 1671
AIHで妊娠 23 29 32 42 793
ARTで妊娠 653 665 609 530 5278
その他で妊娠 17 19 19 20 389
全妊娠数 769 783 754 704 8270

新患数は初診後1ヶ月以上継続して受診された患者さんの人数です。
ARTは体外受精・顕微授精・凍結胚移植治療の包括です。


2017年 2016年 2015年 2014年 開業(1999年)以来の総数
新患数(新たにARTをはじめられた患者様の数) 490 501 464 483 5259
採卵周期数 926 937 1007 1005 10915
採卵周期数の内訳 IVF 100 155 176 218 3147
ICSI 411 397 480 437 4165
IVF/ICSI 355 349 318 322 2477
TESE-ICSI 20 35 31 28 206
卵子凍結 3 1 2 0 14
ARTの妊娠数 653 665 609 530 5278
ARTの妊娠数の内訳 新鮮胚移植 119 122 90 81 1482
凍結胚移植 534 543 519 449 3796

2017年 2016年 2015年 2014年 開業以来の
総数
全新患数 591 625 567 659 9208
年度別 妊娠成績
妊娠に
至った数
769 783 754 704 8270
検査のみで
妊娠
7 6 13 11 139
排卵誘発剤
治療で妊娠
69 64 81 101 1671
AIHで
妊娠
23 29 32 42 793
ARTで
妊娠
653 665 609 530 5278
その他で
妊娠
17 19 19 20 389

新患数は初診後1ヶ月以上継続して受診された患者さんの人数です。
ARTは体外受精・顕微授精・凍結胚移植治療の包括です。


2017年 2016年 2015年 2014年 開業以来の総数
新たにARTをはじめられた患者様の数 490 501 464 483 5259
ART
採卵周期数
926 937 1007 1005 10915
採卵周期数の内訳 IVF 100 155 176 218 3147
ICSI 411 397 480 437 4165
IVF/ICSI 355 349 318 322 2477
TESE-ICSI 20 35 31 28 206
卵子凍結 3 1 2 0 14
ARTの妊娠数 653 665 609 530 5278
ART

内訳
新鮮胚移植で妊娠 119 122 90 81 1482
凍結胚移植で妊娠 534 543 519 449 3796

不妊治療後の妊娠転帰(2015年12月31日現在)
2015年12月まで に当院を卒業後、状況がわかっている
妊娠患者様の妊娠転帰
年代別妊娠転帰
29歳以下 30~34歳 35~39歳 40歳以上
567人 1700人 1849人 537人
正期産(妊娠37~41週の出産) 73.2 % 71.3 % 61.2 % 43.2 %
早産(妊娠29週~36週) 4.8 % 5.2 % 5.2 % 3.0 %
早産(妊娠22週~28週) 1.1 % 0.5 % 0.4 % 0.2 %
後期流産(妊娠12週~21週) 0.4 % 0.2 % 0.5 % 0.0 %
流産(妊娠11週まで) 17.3 % 19.9 % 30.1 % 50.1 %
人工中絶 1.2 % 0.2 % 0.4 % 0.7 %
子宮外妊娠 2.1 % 2.6 % 2.2 % 2.8 %
29歳以下 30~34歳
567人 1700人
正期産(妊娠37~41週の出産) 73.2 % 71.3 %
早産(妊娠29週~36週) 4.8 % 5.2 %
早産(妊娠22週~28週) 1.1 % 0.5 %
後期流産(妊娠12週~21週) 0.4 % 0.2 %
流産(妊娠11週まで) 17.3 % 19.9 %
人工中絶 1.2 % 0.2 %
子宮外妊娠 2.1 % 2.6 %


35~39歳 40歳以上
1849人 537人
正期産(妊娠37~41週の出産) 61.2 % 43.2 %
早産(妊娠29週~36週) 5.2 % 3.0 %
早産(妊娠22週~28週) 0.4 % 0.2 %
後期流産(妊娠12週~21週) 0.5 % 0.0 %
流産(妊娠11週まで) 30.1 % 50.1 %
人工中絶 0.4 % 0.7 %
子宮外妊娠 2.2 % 2.8 %

当院の不妊治療後の妊娠転帰の特徴は、早産や子宮外妊娠の発生が極めて少ないことです。 着床障害や早産・子宮外妊娠の原因となる子宮因子を持つ患者様には個別に治療を行い、 その後ARTや人工授精など不妊治療を行っているためと考えられます。 不妊治療の最終終着点は元気な赤ちゃんを出産して、成人し、子供たちを社会に送り出すことであると考えています。